Domestic 国内サポートライダー

國井 敏夫(くにい としお)

1977年生まれ、Mile Post BMC Racing所属の社会人ライダー。MTB、ロード、シクロクロス等、幅広く活動しています。レースだけでなく、ツーリングイベントやトレイルライドのインストラクターに務め、MTBの楽しさの共有、マナー、ルールの啓発などを通してMTBの普及、認知度の向上に貢献しています。
MTBはTE01とFS01、シクロクロスはCX01とGF02 Discを使用。

■ 2016年の主な成績

  • ・ツインリンクもてぎ100kmサイクルマラソン MTBクラス優勝
  • ・東海シクロクロス第5戦138タワー C1優勝
  • ・春の王滝SDA100km 総合第4位
  • ・アドベンチャーイン富士見 総合準優勝
  • ・秋の王滝SDA120km 総合第3位 など

■ 2017年の主なレース/活動予定

MTBにおいては春と秋の王滝SDA、松野四万十バイクレースなどのXCマラソンレースをメイン に参戦していきます。また、チャンスがあればUCIポイントの獲得を視野に入れた海外のXCマラソンレースにも挑戦していきたいと考えています。

シクロクロスにおいてはJCXシリーズへの参戦をメインに、地元のローカルレースにも積極的に参戦することを通して、地域に根ざした草の根レベルでのシクロクロスの普及に貢献していきた いと考えています。

■ 國井選手のコメント

今年で40歳になりますが、まだまだ速くなれそうな気がしている今日この頃。「昨日までの自分を超えていく!」をテーマに、今年も全力で自転車を楽しんでいきます。レース会場などで見かけた際には、お気軽に声をかけてくださいね!

山中 真(やまなか しん)

1978生まれ、Mile Post BMC Racing所属の社会人ライダー。2009年の王滝SDA、春と秋のダブル優勝以来、表彰台の常連、2014年念願の優勝を果たしMTBマラソン界にBMC旋風を巻き起こした!

MTBはTE01とFS01、ロードはGF01を使用。

■ 2016年の主な成績

  • SDA王滝100km 5位
  • ヒルクライムinおんたけ MTB部門 3位
  • 東海シクロクロス C1 4回優勝

■ 2017年の主なレース/活動予定

  • 2016~2017 東海シクロクロス
  • SDA王滝100km
  • ヒルクライムinおんたけ
  • SDA王滝120km
  • 2017~2018 東海シクロクロス

■ 山中選手のコメント

BMCのバイクに乗り4年が経ちTE01(2台)、FS01、CX01と素晴らしいバイクに乗らせていただきました。 去年よりシクロクロスを本格的に始め、自転車を初めた時のような感覚で楽しいです。 なかなかロードバイクに乗る機会もなくオフロードばかりですが、今年は少しずつロードバイクにも乗ろうと思っています。 2017年は、王滝とシクロクロスでの活動になります。 レース会場で見かけたら気軽に声を掛けてください。 BMCをよろしくお願いいたします!

Photo:Hidehiro Ito

西 麻衣子(にし まいこ)

1984生まれ、株式会社富信所属のプロトライアスリート。幼いころから水泳を始め、大学でトライアスロンと出会い、日本人初の世界インカレ3位入賞を果たしてから本格的に競技に没頭。

■ 2014年の主な成績

  • アジアプレミアムカップ鎮江大会 13位

■ 西選手のコメント

今年もBMCライダーの一員になれたことが嬉しく思います。今年はSLR01に乗らせてもらいます!!

昨シーズンは6月にケガをし、レースに出場する事ができませんでした。しかしながら、ケガをしたことで身体と向き合うことができました。今年は日本選手権に照準を合わせていきます!表彰台の一番上に立てるよう頑張ります!

応援よろしくお願いいたします!

篠崎 友(しのざき ゆう)

1983生まれ、Monster Triathlon Club所属のプロトライアスリート。2002年に日本体育大学トライアスロン部でトライアスロンを始め、卒業後主戦場をロングディスタンスに置きプロトライアスリートとして活動。出場大会全てにおいて日本人バイクタイム1位を獲るなどバイクの強いトライアスリートとして定評がある。

■ 2016年の主な成績

  • 五島長崎国際トライアスロン エリート優勝
  • 徳之島トライアスロン 優勝
  • ツールド沖縄市民210km 山岳賞

■ 2017年の主なレース/活動予定

  • IRONMAN70.3台湾
  • 新島トライアスロン
  • 五島長崎国際トライアスロン
  • 徳之島トライアスロン
  • IRONMANフランクフルト

■ 篠崎選手のコメント

2017年を迎えるにあたり、フレームサイズを変更しポジションの見直しをしました。そのことによりスピード、距離ともに強化することが出来ました。厳しいトレーニングを積み、最速のBMCをレースで披露します。 応援よろしくお願いします。

Photo:Go Takakura

前田 凌輔(まえだ りょうすけ)

1995年生まれ、バレッツ/Bullets所属。トライアスロンのエリート部門で活躍しながら、年上の選手に混じっても劣らぬ成績を残している。長期目標は2020年の東京五輪。バイクはTMR02。

■ 2016年の主な成績

  • NASTCアジアU23トライアスロン選手権 優勝
  • ITU世界U23トライアスロン選手権 出場
  • 第70回国民体育大会 2016希望郷いわて国体トライアスロン競技 4位
  • 第22回日本トライアスロン選手権 7位
  • 2016NTTジャパンカップランキング 6位

■ 2017年の主なレース/活動予定

  • コンチネンタルカップ、ワールドカップ
  • アジア選手権、世界選手権
  • 日本選手権

■ 前田選手のコメント

BMCライダーになり、6年目になりました。

5年前からBMCと共に、着々と力をつけることができ、日本のトライアスロンでは、片手で数えられるほどの実力をつけられています。

さらなる高みを目指して、2017年シーズンもBMCと共に、全国、各国のレースに挑んでいきます!

相川 将(あいかわ しょう)

1986年生まれ、株式会社シクリズムジャポン所属。2005年から2010年までプロロードレースチーム「チームブリヂストンアンカー」でプロ選手としての活動後、現在、埼玉県東松山市にある「総合サイクリングステーション シクロパビリオン」にてインストラクターとして活動。

選手時代に培った経験を活かし、一般サイクリスト向けに週末のサイクリングイベントや技術レクチャーを通して、自転車の楽しさを普及する活動を行なう。また、様々なサイクリングイベントなどに、オフィシャルサポートライダーとして参加をしている。GF01を使用。


Overseas 海外サポートライダー&チーム

BMC Racing Team

アメリカ登録のUCIワールドツアーロードレースプロチーム。2011年ツールドフランス優勝等の成績を残し、ロードレースの頂点を目指しています。

BMC Mountain Bike Racing Team

4度のXCO世界チャンピオンの経験を持つJ.アブサロンを中心に活躍。4年連続UCIワールドカップNo.1チーム。

BMC-Etixx Pro Triathlon Team powered by Uplace

チーム設立初年の2014年に11のアイアンマンレースを優勝して、世界最強トライアスロンチームを目指します。

BMC Development Team

世界のトップ選手を育てる、BMCの育成チーム。


BMC Ride Crew

プロレースとちょっと違うBMCの一面。レースよりライドを楽しむライダーもサポートします。
カデル・エヴァンスをはじめ、マウンテンバイカーのルド・メイ、KC・ディーン、ケルスティン・クグラー、ピストのパトリック・シーベースの活動をサポートします。



Cadel Evans

Kerstin Kögler

Patrick Seabase