style, passion, precision

スピード。それはライダーにとってだけでなく、私たちBMCにとってもキーファクターです。私たちの開発部門は常にレースの現場でタイムと闘い、この競技に向き合ってきました。多くのプロレースを走り、勝利を収めるBMCレーシングチームのように、私たちもまた、開発という名のステージで勝利を収めてきたのです。

衝撃的なデビューは2004年。ライバルたちを引き離したのは、100%スイスメイドのタイムトライアルバイク"timemachine TT01"でした。その最も進化した軽量なTTバイクは、世界最高のレースに立ち向かうフォナックチームの選手たちを奮い立たせたのです。私たちは突然ツール・ド・フランスを放映する世界中のTVスクリーンに現れ、そしてツールの歴史の一片を書き加えたのです。

そして翌2005年には"promachine SLC01"を登場させました。このバイクはイーストン社の開発したCNTカーボンナノチューブテクノロジーを採用した世界初のバイクあり、その登場は、カーボンバイクの世界に新たな基準を提示する重大事件となりました。

また、私たちの革新はレーシングバイクだけにとどまりません。ツーリングバイクやマウンテンバイクにおいても従来の製品を見直し、新たなチャレンジのため、常にそれらの基準を刷新し続けています。

ご存知のとおり、私たちのテストライドフィールドは世界でもっともユニークなものです。私たちはより良い製品づくりを目指して毎年進化し、新たな基準をつくってゆきます。私たちの情熱と理念、そしてスイスメイドならではの高い精度に基づく特徴あるデザイン。すべてはあなたのために。

私は、スイスに最初の製品を送り出すことを祝った日を、つい昨日のことのように思い出します。それから年月を経て、私たちは世界中の国々にBMC製品の供給をするに至りました。それは私たちの製品が、最も革新的でオリジナリティに溢れているからこそ達成されたことでしょう。

私たちはそれを誇りに思っています。そしてあなたが私たちの製品の「書きかけの物語」の一部であるなら幸いです。

Andy Rihs

history outline

BMCは、アメリカ人ボブ・ビゲロー氏が1986年、ラレーブランドの自転車を組み立て、卸売販売するために設立したのがその歴史のはじまりでした。そして1995年、ラレーブランドのライセンスが失われると同時に、自転車のマニュファクチュアリングカンパニーとして新たにBMCブランドを生み出します。

ブランド設立当初は苦難の連続でしたが、2001年に現在の所有者アンディ・リースがBMCを完全買収し、新しい方向性を与えます。エンジニアリング、設計、マーケティング、全てに一貫した企業理念として「スタイル、パッション、プレシジョン」を掲げ、これが転換の礎となったのです。

BMCはこの時掲げた企業理念を基に、競合他社にはない、BMC独自の設計を貫き続けています。最初に皆さんがロゴを見て我々の特長をすぐに理解できなくても、次にBMCのバイクを見た瞬間、その特徴的なフレーム形状から技術的なインスピレーションを感じることが出来るはずです。そしてこの理念と製品の特徴はシンプルでわかりやすいため、我々のステークホルダーとのやりとりにおいても非常に役立つものとなっています。

BMC製品はこうした理念の元、その手に情熱を込めたスタッフと、技術革新によって可能性を広げていこうという気概ある外部パートナーによって支えられているのです。



また、マーケティング部門においても国際的な専門チームを結成し、激しい市場競争の中で革新的なハイエンド製品の開発・製造とともに強力なマーケティングを推進。その結果、設立当初不採算であった状況から脱却し、今日では力強い成長を示しています。BMCはスイス・ルーツのハイエンドバイクのリーダーとしてのブランドを確立し、国際競争に成功しているスイス唯一の自転車ブランドなのです。

timeline

1986 会社設立
1994 BMC(bicycle manufacturing company)ブランド誕生
1998 Andy Rihs(Phnak Hearing System 社の会長)が共同経営に就く。
2000 BMCは効率的で革新的なマウンテンバイクのダンピングシステムを開発するということでスイス国内において認知されるようになりました。また、ハイブリッド自転車のパイオニアとしても知られる様になりました。
2001 Andy Rihs がBMC社を完全買収。
Phonakレーシングチームへのスポンサー契約は製品の知名度を格段に上げました。
最初のチームマシン(team machine SLT01)がSkeleton Conceptの基礎となります。(Skeleton Conceptは現在、BMCに紛れもないアイデンティティを与えます)。
2003 スイス国内販売から輸出販売へと転向
2004 タイムマシンTT01と fourstrokeフルサスペンションシリーズに着手。
2005 プロマシン(SLC01)は、世界初のCNT(カーボンナノテクノロジー)を採用したマシンとして登場。
2006 現在に至る
総売上2007 : 約25000000 U.S.ドル
自転車販売2007 : 約22000ユニット。
従業員 : 約50人
Grenchen(スイス)に拠点を置く
2011 新しいコンセプトを持ったフラッグシップバイク、impec登場。
BMCレーシングのカデル・エヴァンスがツール・ド・フランスで念願の総合優勝を遂げる。